黒潮に育まれた亜熱帯海域の小島

この前、沖縄県の竹富町に行ってきました。「ちゅらさん」を見て、行ってみたいと思っていたので、念願かなっての旅行となりました。

行って良かったですよ。沖縄の良いところを凝縮したようなところで、とっても満足してきました。もう帰りたくない!って思ったぐらいです。

竹富町は、琉球列島の最南端八重山諸島に属する、9つの有人島と7つの無人島からなる島嶼の町で、東西約42km、南北40kmの広範囲に及びます。

自然も豊かで、町ものどか、見える景色は日本のごちゃごちゃとした街並みとは全く違う、そのまま溶け込めるようなぬくもりがありました。

ここでは観光してきた島々と、竹富町の特徴を思い出と共に記していきますね。

竹富町

竹富町(たけとみちょう)は、沖縄県八重山郡の町。

八重山諸島のうち、西表島・竹富島・小浜島・黒島・波照間島・鳩間島・新城島・由布島の有人島と、その周囲にある仲の神島などの無人島からなる(石垣島・与那国島・尖閣諸島は含まない)。

町役場は町外の石垣島(石垣市)にある。町内の各島への航路は基本的に石垣島を起点としており、各島間を相互に連絡する航路はほとんどないためである。役場がその町村の区域外に位置する町村は、竹富町以外には鹿児島県の十島村・三島村の2村しかない。

  • 東端:竹富島(北緯24度19分15秒東経124度6分7秒)
  • 西端:仲御神島(北緯24度11分33秒東経123度33分19秒)
  • 南端:波照間島(北緯24度2分44秒東経123度47分18秒)
  • 北端:鳩間島(北緯24度28分38秒東経123度49分2秒)
その他の島
  • 竹富(たけとみ・竹富島)
  • 小浜(こはま・小浜島)
  • 黒島(くろしま・黒島)
  • 新城(あらぐすく・新城島) ※505番地のみ下地島、あとは上地島。
  • 鳩間(はとま・鳩間島)
  • 波照間(はてるま・波照間島)

歴史

  • 1908年4月1日-島嶼町村制により間切制が廃止になり、石垣間切・大浜間切・宮良間切が与那国島と合わせて八重山村となる。
  • 1914年4月1日 - 八重山諸島一円としていた八重山村が分村、西表島・竹富島・小浜島・黒島・新城島・鳩間島・波照間島など石垣島周辺の離島が竹富村となり、村役場が竹富島におかれる。
  • 1938年- 村役場が石垣島の石垣町に移転する。
  • 1948年7月1日- 町制施行し、竹富町となる。
  • 1967年12月23日-沖縄放送協会(OHK・現NHK沖縄放送局)によるテレビ放送開始にともない、西表島西部の祖納に西表祖納中継局を設置。
  • 1976年12月22日 - これまで時差放送されていたNHKテレビが沖縄本島や本土と同時放送となり、新たに教育テレビの放送を開始。
  • 1979年- 電話自動ダイヤル化が完了し、日本国内各地との即時同時通話が可能になる。
  • 1986年- 黒島を通る県道213号黒島港線が建設省(現国土交通省)の「日本の道100選」に選定される。
  • 1991年11月 - AMラジオ放送の混信対策として、祖納にNHKラジオ第1放送をFM波で放送する中継局を設置。
  • 1993年12月16日-琉球放送(RBC) と沖縄テレビ放送(OTV) の民放2局がテレビ放送を開始。
  • 2002年12月1日 - 八重山地域の市外局番が「0980」となり、これに伴い市内局番が2桁に変更される。
  • 2002年12月 - 石垣市と与那国町との合併協議会を設置。
  • 2003年10月 -NHKラジオ第2放送の中継局を開設。
  • 2004年4月1日 琉球放送(RBCiラジオ)とラジオ沖縄(ROK) の民放AMラジオ局がFMによる中継局を開設し放送を開始。 
  • 2005年3月28日 - 石垣市との合併議論について、町議会の2度にわたる反対議決により白紙となる。

交通

空港

  • 波照間空港(石垣島との間に琉球エアーコミューターが週4日2往復運航していたが、2007年11月30日を以て路線廃止)

港湾

おもに石垣港から各島へ、高速旅客船や貨客船(フェリー)が就航している。 また、西表島の他の地域と道路で繋がっていない船浮集落へは、白浜港から船便(船浮海運)がある。

西表島内
  • 大原港
  • 上原港
  • (船浦港) ※かつて安栄観光が就航していたが、上原港に変更。
  • (祖納港)
  • 白浜港
  • (仲間港)
  • 船浮港
その他の島
  • 竹富東港 - 竹富島 ※竹富港とも呼称される。
  • 小浜港 - 小浜島
  • 黒島港 - 黒島
  • (上地港) - 新城島・上地島
  • 鳩間港 - 鳩間島
  • 波照間港 - 波照間島

道路

  • 沖縄県道210号小浜港線
  • 沖縄県道213号黒島港線-日本の道100選に選定。
  • 沖縄県道215号白浜南風見線

路線バス

  • 竹富島交通
  • 西表島交通

名所・旧跡

  • マリユドゥの滝(マリユドゥのたき)(日本の滝百選)

    マリユドゥの滝は、西表島の浦内川にある滝。マリユドゥは「丸い淀」のことで、円形の滝壺をもつことからこの名を得たとされる。マリュドゥの滝マリュドウの滝マリユドウの滝などさまざまに表記されることが少なくないが、“Mari yudu”のように発音するのが現地の音に近い発音である。落差はそれほど大きくないが2段に分かれていて、水量も豊富で日本の滝100選に選ばれている。西表島の他の滝と同様、崖は砂岩層である。上流250mほどの所にカンピレーの滝がある。周辺の岸壁には特有の植物が多い。

  • 西表島温泉(日本最南端の温泉)

    西表島温泉は、沖縄県八重山郡竹富町高那にある温泉。日本最西・最南に位置する温泉である。西表温泉と表記されることもある。

    • ナトリウム-カルシウム-硫酸塩泉(低張性中性温泉)
    • 源泉温度32℃、加温している。
    • 湯色はわずかに黄色掛っている。
  • 赤瓦屋根の集落(竹富島 -重要伝統的建造物群保存地区として選定)
  • 旧与那国家住宅(竹富島 -重要文化財)
  • 西桟橋(にしさんばし)(竹富島 -登録有形文化財)

    西桟橋は、沖縄県八重山郡竹富町字竹富地先にある桟橋である。2005年(平成17年)12月26日に国の登録有形文化財に登録されている。
    竹富島の西岸に位置する。

    1938年(昭和13年)に建設された竹富島で最初の近代的桟橋で、延長105.3m、幅員4.38m。石灰岩を乱積して、両側面をコンクリート壁としている。先端部分は、干潮時にも使用できるように幅の広い斜路上に形成されている。
    竹富島には農耕地が少なかったため、かつては西表島に水田を作って、耕作のために船で通っていた。西桟橋はそのための港として整備されたものである。行政の支援がほとんどなかったため、住民の労力供出によって建設されたと伝えられる。
    1971年頃まで使用されていたが、現在は桟橋としては使用されておらず、現在では夕陽を眺望する名所として知られている。

  • なごみの塔(竹富島 - 登録有形文化財)

    なごみの塔は、沖縄県八重山郡竹富町字竹富(竹富島)にある。放送台として建立されたが、現在では展望塔として多くの観光客が足を運ぶ観光スポットである。2006年(平成18年)3月27日に国の登録有形文化財に登録されている。
    竹富島の玻座間集落のほぼ中心にある赤山公園の中の高さ約6mの丘の上に築かれた塔で、塔自体の高さは4.5m。

    1953年(昭和28年)に西部落の有志によって買い取った赤山周辺が公園化された際に、西部落の住民総出で建てられた鉄筋コンクリート構造の塔で、頂上の展望台までは8段の階段を上らなければならない。階段は、幅約45cm、奥行き約16cmで、段差が約35cmと高く、斜度が約60度もある急なもので、ひとりずつしか昇り降りすることはできない。また、展望台部分も狭く、成人2人分程度のスペースしかない。

    隆起珊瑚礁でできた全体が平坦な島の中で、最も高い場所のひとつであり(厳密な最高地点はンブフルとされる)、重要伝統的建造物群保存地区に選定された集落の赤瓦の家並みを一望する絶好の場所として観光名所となっている。

    なお、赤山は、平家の落人で、竹富島に流れ着いた赤山王の居城跡であるとの言い伝えがある。

  • 伊古桟橋(いこさんばし)(黒島 - 登録有形文化財)

    伊古桟橋は、沖縄県八重山郡竹富町字黒島地先にある桟橋である。2005年(平成17年)12月26日に国の登録有形文化財に登録されている。 伊古集落から近い黒島の北岸で、現在の黒島港より東寄りに位置する。

    最初の桟橋は、1924年(大正13年)に建設された木造の桟橋だったが、1933年(昭和8年)に台風で破壊され、1935年(昭和10年)に現存する桟橋が建設された。延長354m、幅員4.25m、高さ1.8nで、石積造及びコンクリート造で表面はモルタル塗とされている。

    先端部分には4本の係船柱と荷置き場、荷揚げ場があり、かつては漁業に使用されていた。現在は桟橋としては使用されておらず、桟橋の途中に台風などによる2箇所の崩落箇所がある。

  • 神山家住宅(黒島- 登録有形文化財)
  • 大盛家住宅(「こはぐら荘」)(小浜島 - 登録有形文化財、ドラマ「ちゅらさん」撮影地)
  • シュガーロード(小浜島 - ドラマ「ちゅらさん」撮影地)
  • 日本最南端之碑(波照間島)